The M.S.Journal for FC2

公平と正義と報道の自由の名のもとに時代の潮流を鳥瞰し提言します。

西野サムライブルーの総合評価

 4試合で1勝2敗1引き分け、16強入り。西野ジャパンの結果だが、それ以上にシビアに採点していく必要がある。ハリル監督継続jならベスト4もあり得たかもしれない。個人的にはそう思えた。グループリーグでの戦いを振りかえってみよう。コロンビア戦では開始早々コロンビアの選手にレッドカードが出てしまい、日本が11人、コロンビアが10人という布陣になった。コロンビアは日本を軽く見ていたフシがあり、序盤から本気を出していなかったように思う。日本は前半で先制点を奪い、後半で追いつかれたが、2対1の大金星をあげた。アジアがW杯で南米に勝利するのははじめてて、世界は驚いた。レッドカードがなかったら11対11だからおそらく逆転されていた可能性はある。日本にとってはうれしいことだが、手放しでは喜べない。2戦目のセネガルでは2対2のシーソーゲームで見応えはあった。格上のポーランドには案の定苦戦を強いられた。確かにとても引き分けには持ち込めない雰囲気があった。
 西野監督は外部からの情報を得てフェアプレーポイントでセネガルに有利と見たのだろう。負けても16強にいけるとふんで、あの物議を醸した「時間稼ぎパス」となった。セネガルも日本も負けてフェアプレーポイントのルールに基づき、日本が決勝Tに進んだ。
日本の選手や西野監督のパス回しの批判を打ち消そうという、心理的な負担を負いながら、ベルギーと対戦した。後半直後、二点を奪い、三点目も奪おうと攻撃的なサッカーをしていた。それが裏目に出て、赤い悪魔の怒涛の攻撃で逆転負けを喫してしまった。
世界の競合相手にこれだけの戦いが日本にも出来ることが証明された。負けたけれども2022カタールW杯への希望が湧いてきた一瞬だった。ハリル氏ならポーランド戦は最後まで引きわけか逆転を狙う試合運びをし、負けても選手への心理的負担を強いることはなかっただろうと推察できる。16強へはポジティブな気持ちで臨めたに違いない。そうすれば以外にもベルギーに勝利は可能だったかもしれない。韓国だってドイツに勝ったのだから。。。
時間稼ぎのパス回しが起因していたのかも知れない。これは西野監督も認めている。点を獲りにいくのと防御するとき、反則カードをもらいやすいのは、防御の側のはずであり、果敢に攻めていけば相手の反則もとり易くなりPKだってありえる。だからフェアプレーポイント狙いはまずい判断だったと思っている。カタール2022W杯でポスト西野の動きが活発化しているという。サムライジャパンは新しく生まれ変わらないとカタールには行けない。東京五輪2020のサッカーはW杯ではないので、それはスルーして、長い目で選手を育てていかなければならないだろう。サッカーの最高峰はやはりW杯なのだ。。。指揮官も新しくしたほうがいいかもしれない。田嶋会長が7月いっぱいの西野監督の退任を発表した。慰留はしない方向だという。今月中に次期代表監督を決めるようだ。
スポンサーサイト

平成の黒い霧解散

時の流れとしてみてみると、それは逆らうことの出来ない潮流といえる。
安倍氏が大叔父の1966年の「黒い霧解散」事例を精読していることをかんがえると、
半年前に自己都合解散を終えたばかりの安倍政権は常識的には考えにくいだろうが、
歴史の宿命から考えるとそれに呼応してやらざるを得ないだろう。
これで政治体制がかわらなければ日本の未来は限りなく暗黒の時を迎える。
それは覚悟したほうがいい。日頃政治に関心がない人にとっては、
もっと悲惨なことになる可能性はある。
米国の後ろ盾を保証された朝鮮半島が統一されれば、
彼らの矛先は日本となる。
米国追従で自尊自立の機会を失った日本はどうするのか、
明確な筋道は見えてこない。
三選と』憲法改正にしか頭がない安倍氏が今後も続くと、
世界的にも国内でもその代償は高くつくことになる。
拉致被害者問題で敵前逃亡した安倍氏の行動をみれば良くわかるというものだ。
マスメディアはこれまで安倍政権の提灯持ち的な発信をしてきているが、
今度ばかりは現政権への厳しい姿勢は増すと思われるから、
野党結集すれば小池氏にかき回された前回の総選挙の二の舞は踏まない。
自民大敗は十分あり得る。
いま日本には新鮮なリーダーが待ち望まれている。

未来の正体

「時代の潮流と未来の正体」

いつの世でもその時代での主導的立場(キーマン)の人は必ず存在する。
今現在の時代ではどうだろうか。一体誰がそれに当てはまるだろうか。
ドナルド・トランプ氏は今の時代のキーマンには果たしてマッチするだろうか。
条件をつければ、それは可能とはなるだろう。その条件とは?
Make America Great Againで米国だけが潤うテーマは当てはまらない。
アメリカファーストという利己的なスタイルを押し通そうとすると、
世界から一斉の非難を浴びせらるのは当然のことだ。
なぜなら米国の指導者達は、パックスアメリカ―ナ(軍事的覇権主義)と、
戦後プレトンウッズ体制での世界秩序を築き挙げ、
世界から信任されたものだったからだ。
しかし、キューバ危機においては、
医師(ゲバラ)と弁護士(カストロ)が立ち上がって親米政権を追い出し、
革命を成功させて以来、米国の力は下降していった。
米国は圧倒的な軍事力を持ちながら、「核なき世界を構築する」。
しかしそれは真逆な発想であり現実的にはあり得ない。
オバマ氏の妄言にすぎなかった。
オバマ氏は戦後最低の大統領であり、
トランプ氏は戦後の終末大統領といったほうが
的を得ているように思う。
今現在での世界秩序では、核など廃絶できるわけがない。
常任理事国だけが核の保有を認められ、それ以外は許さない、
いま考えられることは、2017年中に北朝鮮に核保有を認め、
米朝国交樹立、米朝平和友好締結、
そして朝鮮半島の休戦から終戦の調印をし、
北朝鮮にNPTに加入させ、核の保有国が、
正恩氏の核の平和利用に徹する縛りを設定することである。
いま、水面下で年内での実現に向けて交渉をしているはずであり、
メディアで言う、正恩氏みずからの発射はあり得ないことがわかる。
米国に煽られて、時代の流れに逆行する日本では、
イージス・アショアの実戦配備をせざるを得ない、
安倍政権への不信も再燃するだろう。
トランプの真意は北朝鮮・中国・ロシアとのスムーズな関係構築にある。
日本はおそらく今後、蚊帳の外での外交を強いられるだろう。
韓国では文大統領が北との対話協調を強めており、
旧日本軍関係への猛烈な反感は、いまの外交では未来永劫無くなることはない。
プーチン氏はヤルタの秘密条約(北方四島を支配)を、
律儀に守っているだけであり、2024年まで大統領職に就くことにある。
日ロ平和条約は締結する腹はないだろう。
習近平氏は一路一帯構想で元王朝の回帰を狙っているらしいが、
共産党一党独裁政権での政には限界がある。
民主化で生まれ変われば世界をリードする国にはなれる可能性はある。
経済は拡大しても人心が離れては話にならない。
トランプ氏は支持率が下降していると言われているが、
彼としてははじめから大統領になるつもりはなかった。
オバマ・ヒラリーに勝利する。就任式でその目的が全うされたわけだが、
政治に素人な彼は弱みだけが露呈されてはいるけれども、
キッシンジャー氏はそれを上手く外交の戦略に使おうとしている。
つまり、捨て身で北朝鮮と米国を平和条約締結という形で進めさせ、
極東の軍事的不安定を無くすことであるとされる。
米朝は水面下で交渉を進めていることだろう。
トランプ氏は任期を待たずして、ペンス副大統領に禅譲する可能性は高い。
いまのホワイトハウスの状況はどうみても尋常ではない。
日本としては、大本営の回帰と米国隷属志向の安倍氏では無理だが、
次なるリーダーこそが国連常任理事五ヶ国とは間合いをとり、
日本独自の独立国らしい理にかなった主張と、
振る舞いをすることが大事になるはずだ。
今の時代が50年後、100年後、1000年後、
どう描かれているかを想像してみるのは、
平和と戦争や差別や経済格差を見る上で、
貴重なものとなるに違いない。




"Current in the age and the future character"


A person in the lead-like viewpoint in the time (key man) exists certainly in a world in everytime.
How is it in the time current as of now? Who on earth applies to that?
Does Mr. Donald Trump kill, and agree with a key man in the time now?
When making the conditions, that would be possible. With its condition?
A theme by which only USA benefits in Make America Great Again doesn't apply.
When I try to carry a selfish style as an American first baseman through.
SERARU NO is open to simultaneous criticism from the world, and a natural thing.
Because American leaders, with PAKKUSUAMERIKA-NA (military power principle).
The world order by a pre Ton Wood system is built and mentioned after the war.
It's because it was trusted in from the world.
But since it's put in the Cuban Crisis.
A doctor (Guevara) and a lawyer (Castro) stand up and drive a pro-government in the US.
Since I made a revolution succeed, the power of USA was being descended.
USA "builds the world without stones" while having the overwhelming military power.
But truth is reverse idea and that's impossible realistically.
It was only a lie of Mr. OBAMA.
Mr. OBAMA is a lowest president after the war.
Mr. cards are the one such as postwar end presidents.
I think I get a mark.
It's impossible to be able to abolish a stone by the world order current as of now.
Only a permanent member of the Security Council can admit nuclear possession, and anything but that isn't permitted.
The thing considered now admits nuclearization in North Korea by the end of 2017.
U.S.-North Korea establishment of diplomatic relations and U.S.-North Korea peaceful friendship conclusion.
And signing in the end of the war is done from an armistice in Korean Peninsula.
The country in possession which makes NPT join North Korea and is a stone.
It's to establish tying which devotes itself to nuclear peaceful utilization of Mr. positive kindness.
Negotiations should be done for realization within the year under the surface of the water now.
Mr. positive kindness who says by media finds out that the launch is impossible.
In Japan where I'm fanned into USA and go against a flow in the time
A military disposition of Aegis and ASHOA can't help be done.
A distrust to Abe political power would also recur.
There is true meaning of cards in smooth related building with North Korea, China and Russia.
Japan would be able to press for diplomacy outside the mosquito net from now on.
A sentence president is strengthening dialogue cooperation with the north in Korea.
The future eternity doesn't disappear by the diplomacy now for furious antipathy to an old relation of the Japanese military.
The secret treaty by which Mr. Putin is Yalta (The four northern islands are ruled.)
It's here to be just protecting and get a president job until 2024 honestly.
There would be no concluded abdomens for a peace pact of Japan and Russia.
Mr. shuu Chinahira seems to aim at regression of a former dynasty by the whole plan directly.
Politics by the Communist Party party dictatorship is limited.
When it's reborn by democratization, there is a possibility that I get away in the country where the world is led.
Even if economy expands, since getting away, the hearts of the people don't come to talk.
It's said that an approval rate descends Mr. cards.
There was no intention which becomes a president from the beginning as him.
I defeat OBAMA and Hillary. The purpose is a fulfilled reason by an inauguration.
Only the weak point is exposed by Masaji to him who is an amateur.
Mr. Kissinger tries to use that for a diplomatic strategy well.
In other words, make advance it by the shape that I'm desperate and call North Korea and USA a peace pact conclusion.
You assume that it's to lose Far Eastern military unstableness.
U.S.-North Korea will be that I'm carrying on negotiations under the surface of the water.
Without Mr. cards' waiting for tenure of office, a possibility that I abdicate the throne to a penny vice-president is high.
Even if it's seen, how ordinary isn't the situation of the White House now?
Japan is impossible under Mr. regression of Imperial Headquarters and American subordination-oriented Abe.
The leader it'll be next gets the suitable interval with five UN permanent directors.
Japan, with the insistence reasonable appropriate for a personal independent country.
To behave oneself should assume serious proportions.
The time now is 50 years later, 100 years later and 1000 years later.
To imagine how to be drawn?
When a war, discrimination and the financial differential are thought to be peaceful.
I'm certain that it'll be something valuable.

「忖度(そんたく)」の本当の意味。


森友学園、加計学園での為政者・官僚・当事者でのやり取りで、「忖度(そんたく)」という用語が頻繁に出てきていますが、日本語としても意味がわかりにくく、ましてや外国語に訳すとなると難しいようです。
一般的には、
「推測」と言う定義があるらしいが余りにも物足りない。。

しかし、MOYURUPENバージョンの定義は、
1)「相手の気持ちを察知し物事を共有するよう推し量る」
2)「自分の意向を周りの物に察知させ、他の者に見えない力の圧力で動かす」
3)「事が自分の身に至らないことを条件に、事件性を悟らせずに相手に脅迫的概念を植え付けさせ、事を成就させる」
4)「こちらの意向どおりに行使をさせるには、相手を説得しなければならないが、難しい場合、官僚の判断を分相応に意識させ、力関係でもって、あやふやな言葉遣いで強迫的に責めてみる」
という定義になるかと見ています。
外国人には言葉そのものよりも、言葉に影響される周りの状況を、文節で表してみたほうがいいと思いますね。



The true meaning of "Sontaku".


Moritomo school is exchange by a ruler, a bureaucrat and a person concerned by Kake school, and terminology as "surmise (surmise)" has frequently come out, the meaning is also incomprehensible as Japanese, oh, it's done, and, and, when it's translated into a foreign language, it seems difficult.
Generally
There seems to be a definition called "guess", but it isn't also quite satisfactory too much.

But a definition in MOYURUPEN?
1) "I guess so that I may sense partner's feeling and share a matter."
2) "I make something around sense the will, and it's moved by the pressure of the power other persons don't see."
3) "Without making an event realize that I don't come to my body in the condition, a fact makes a partner plant a threatening concept, and I make a fact be accomplished."
4) "I have to persuade a partner to make them use as this will, I'll make them conscious of bureaucrat's judgement befittingly, have it by a power relationship and reprove for vague language in forcing way in a difficult case."
It's thought whether it'll be the definition which says so.
You think it's better for a word to show the situation of the others who influences a word to a foreigner by a phrase than itself, right?

共謀罪成立の責任は有権者にあり。

日本の代議士の選挙では、
投票率の低さが世界的な話題になっていますが、
例えば、フランス革命のように一般市民(民衆)が、
権力のトップを直接断罪する歴史を持たない日本は、
御上の言うとおりに隷属的になる民族的性格を有しているといえるでしょう。
こらは権力者にとっては願ってもないことであり、
市民を蹂躙しやすい事につながる。
良識のない権力側が数の力で押し切っても、
小選挙区での棄権者が続出すれば、
組織票のある党がイニシアティブを握ることになり、
いくら議会制民主主義といっても、
結局は多数決の論理で事は進みます。
だから、もしあなたが選挙の投票に棄権していくらデモに参加しても、
権力者にとっては影響はまったくないのです。
共謀罪は戦前の治安維持法に匹敵する法律なのでしょうが、
公務員や政治家などは適用外というのはちゃんと議論されたのでしょうか。
与党への批判ばかりでは、解決にはならない。
二大政党という時代はあと100年はかかります。
それだけ、日本の政治は三流とも五流ともいわれるのです。
有権者がそれと連動するのはもっと大きな懸念ではありますが。
政治に無関心な無党派層の未来はまさに暗黒といえるでしょう。
戦前のように大本営の意のままに人生が振り回されても、
それは私の責任ではない。その責任はあなた達です。